自動売買ツール

円高、円安の時のFX取引について

お金の価値は常に変動します。
ですから、その変動による差異によって利益をえることができます。
その変動こそがテレビでよく聞く、円安、円高という表現になるわけです。

基本的には、円安の時は、安く買って高く売るという形になります。
円が安くなっているという時は、他のお金の価値が高くなっていることになります。
例えばそれがドルだとすると、円安で、1ドルが90円になった時に、1ドルを買います。

それでその後1ドルが100円になります。
そこで売ると10円の利益が上がるわけです。
つまり、円安の時に安く買って、高く売るのです。

では、逆に円高の時はどうでしょうか。
FXの便利なところは、売ることから始めることができるという点です。
つまり、円安の時とは逆の、高く売ることから入り、安く買います。

簡単にいうと、1ドルが100円の時にドルを売って円を買います。
そしてドルが上がって1ドル90円になったら円を売ってドルを買い戻します。
これでさっきと同じ10円の利益が出ました。

しかし今度はドルを高く売って安く売ったわけです。
手元にドルがないのに売れるのかと感じるかもしれませんが、FXは売買取引です。
ですから、売りからも始められます。
為替レートについてはこちらhttp://xn--fx-fk1eu00k.ws/2.htmlでも詳しく説明しています。

このページの先頭へ